美容外科での施術を考えている方へ|心構えから施術内容まで

美容整形で憧れの二重に

考える人

女性ならば誰しも二重まぶたに憧れがあると思います。一重から二重まぶたにする治療はプチ整形の一つであり、美容外科での治療でも比較的相談しやすいと思います。特に東京には、オシャレで綺麗な女性が集まっています。一重から二重にする治療を受けることで、日々の生活の中でのコンプレックスが解消できるかもしれません。美容外科で二重まぶたにする治療をする人はとても多いのです。二重まぶたになり、東京で生き生きと暮らす自分の姿を想像してみましょう。
では、二重まぶたになるための具体的な治療方法を見てみましょう。一番手頃なのは、埋没法というものです。埋没法では医療用の特殊な糸をまぶたに固定し、その部分を埋没させて線を作るという方法です。治療時間も短く、痛みなどがほとんどないのが特徴です。また、出来たラインが気に入らなかったとしても、少しずらした位置に改めて線を入れ直すということもできます。値段も手頃なため、東京近郊でこの施術を受ける人は非常に多いです。二重にしたいけど、メスを入れることには抵抗があるというかたにオススメです。美容外科では施術前に、どのような二重まぶたになるかシミュレーションをしますので、そういった部分でも安心です。ほかにも、切開法と呼ばれる方法もあります。切開法では、まぶたがかなり厚く、埋没法だけでは効果が持続しなかったという人でも二重になることが可能です。切開法を簡単に説明すると、まぶたの脂肪を取り、縫い合わせることで二重を作るというものです。切開法の中にも、部分切開と呼ばれるものと、全切開と呼ばれるものがあります。どちらにするかは医師が治療を受ける人のまぶたの状態を見て判断します。切開法では、目の周りの状態がよくなるまで少し時間がかかるので、まとまった休みがとれるときに手術してもらうとよいでしょう。切開法は埋没法にくらべて持続性が高いので、確実に二重まぶたにしたいという人に推奨できます。東京には切開法の施術を安全に受けられる美容外科がたくさんあります。あなたの近場でいい美容外科を探してみましょう。
目尻切開法というものもあります。この施術方法は目頭を切開するというものです。目頭を切ることにより、たれ目やつり目を改善することができます。目頭を自由に変えることが出来るので、目の印象がガラッと変わります。美容外科での治療時間自体はとても短いですが、目頭付近の皮膚が回復するのに多少時間を必要とします。東京近郊でも、長期休暇期間などは予約がとりずらいので、それ以外でまとまった休暇をとってから手術に臨むといいでしょう。
最近年齢のせいか前より目が小さくなった気がする、もっと若々しい印象を与えたいという方は、まぶたのたるみを取るという方法もあります。まぶたを縫ったり、余分な部分を切り取ることで目の上のたるみを除去します。目のたるみを取ると、今までよりさらに若々しくなり、アンチエイジング効果が得られます。いつまでも若く見られたいという人は相談すると良いでしょう。目の下のクマやたるみが気になるという方は、目の下の余分な脂肪を切除したり、ヒアルロン酸を注入するといった方法があります。目の下にクマがあるのとないのでは表情に大きな差があります。また、目の下のたるみを取ることで、老けた印象を与えないという効果もあります。目は、人が対面するときに一番最初に見られる部分です。目の印象を良くするためにも、東京でいい美容外科を探してみてはいかがでしょうか。